ソマリアで爆破テロ、ユニセフ職員ら死亡

過激派が犯行声明

 4月20日、国連児童基金(ユニセフ)はソマリア北東部で国連の車両が襲われ、職員4人が死亡したと明らかにした。他にも職員4人が重傷を負ったという。ジュネーヴで2009年11月撮影(2015年 ロイター/Denis Balibouse)

[ナイロビ/モガディシュ 20日 ロイター] - 国連児童基金(ユニセフ)は20日、ソマリア北東部で国連の車両が襲われ、職員4人が死亡したと明らかにした。他にも職員4人が重傷を負ったという。

この事件は、ソマリアのプントランド地方で発生。ガローウェの国連施設に向かっていた車両に仕掛けられた爆弾が爆発。地元警察によると、ケニア人2人とソマリア人警備員7人が死亡した。

イスラム過激派アルシャバブが犯行声明を出している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?