厦門で“門前払い”の商船三井コンテナ船、放射線量再検査経て香港に到着【震災関連速報】

厦門で“門前払い”の商船三井コンテナ船、放射線量再検査経て香港に到着【震災関連速報】

中国国家品質監督検査検疫総局に「船体の放射線量に異常が認められた」とされて福建省の厦門(アモイ)港から神戸港に商船三井のコンテナ船が引き返した問題で、同船は4月1日に今度は香港に向けて日本を出港。6日に到着し香港沖で入港手続きを進めている。

同船はもともと厦門と香港に向かう途中だった。20フィート換算のコンテナ6400個積んだ中型のコンテナ船で、機械部品や古紙、雑貨を積み、3月17日に東京港を出発。22日に厦門港に入港したが、22日に検査を受けて放射線量の異常を指摘された。再検査のために沖合に出て、26日に再検査を受けた。第三者による再検査や洗浄など現地での対応が認められないために荷物の積み降ろしがかなわず、27日に日本に引き返すことを決断した。

中国側が厦門で指摘した放射線量は最大で3.5マイクロシーベルト。30日に神戸港に到着し、30~31日の両日、日本海事検定協会の検査を受けていた。神戸で再検査をしたところ、放射線量は最大で0.6マイクロシーベルトと微量でしかなかった。

中国側は放射線量の上限などの基準を明示していない。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。