強い声を作るブロードウェイ式発声法とは?

「花瓶」と「歯磨き粉」の呼吸法でカリスマ声に

強い声を作るには?

前回の記事で、「低い声」と「声の幅」が、カリスマ力を上げるとご紹介したが、今回は、あなたのリーダーシップを格段に高める、強い声の作り方~実践編! ブロードウェイのミュージカルスターやハリウッド俳優らが実践する「“秘密”のボイストレーニング」の一コマをお見せしよう。

女優アン・ハサウェイが通ったアクティングスクール

何の因果か、人様にエラそうな講釈を垂れ、プレゼンのノウハウなどをコーチングする立場になってしまったが、筆者はそもそも、人前で話すことが大の苦手だった。

新聞記者だったこともあり、何を話すか、といったコンテンツ作りにかけては、若干の知見はあったのだが、とにかく人前に出るのは「恥ずかしい」という意識が先に立ってしまっていた。特に自信がなかったのが、「声」だ。「通りが悪い、聞こえづらい」とよく言われ、日本でもボイストレーニングなるものに通ってはみたものの、なかなか効果を実感できなかった。

そこで渡米後、あらゆるコミュニケーションのエキスパートのドアを叩き、教えを乞う「コミュニケーション・ブートキャンプ」の一環として、「声の改造」に取り組んでみることにした。その「道場」となったのが、ブロードウェイの近くにある、アクティングスクール「バローグループ」だ。

あのアン・ハサウェイが通い、演技の基礎を学んだという紹介をホームページで見て、ミーハー根性が刺激されたというのが選んだ理由。「自分もあんな風に」などという浅はかな思いはなかったが、1デシベルでも声に力をつけたかった。

次ページハリウッド俳優にもトレーニングコーチがついている
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。