ヤマト運輸が福島、青森、秋田、山形でメール便や時間帯指定便の取り扱いを再開

ヤマト運輸が福島、青森、秋田、山形でメール便や時間帯指定便の取り扱いを再開

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は福島県、青森県、秋田県、山形県で、福島県下の一部地域を除きメール便の取り扱いを4月6日から再開した。一部地域とは双葉郡全地区(広野町・楢葉町・富岡町・大熊町・双葉町・浪江町・川内村・葛尾村)、いわき市の一部、南相馬市の一部、田村市の一部、相馬郡飯舘村の一部。岩手県、宮城県を発着地とするメール便は依然休止中。

また、福島県、青森県、秋田県、山形県の4県では、福島県下の一部地域を除き、時間帯指定便の取り扱いを同日に再開した。一部地域とは、いわき市、相馬市、南相馬市、田村市、相馬郡、双葉郡の全地区。なお、いわき市の一部、南相馬市の一部、田村市の一部、相馬郡飯舘村の一部、双葉郡全地区(広野町・楢葉町・富岡町・大熊町・双葉町・浪江町・川内村・葛尾村)では依然として宅配便そのものを休止している。岩手県、宮城県を発着地とする時間指定便も依然休止中。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。