幼少期が肝!良好な兄弟仲を育む育児のコツ

上の子に厳しすぎると、下の子が付け上がる

(写真:siro46 / PIXTA)

年の近い兄弟がいると、2人分の面倒を見るママはとっても大変ですよね。そんな時、「せめて上の子にはしっかりしてほしい」という思いから、上の子にはついつい厳しくしてしまいがちです。

しかし、上の子に厳しくしずぎることで、兄弟の間に深い溝を作ってしまうこともあるんですよ。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、上の子にばかり厳しくすることの危険性と、兄弟を平等に育てるコツについてお話しします。 

厳しすぎると上の子は優しくなれない

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

上の子は下の子が生まれた途端、いろいろなことを我慢させられます。

少しなら仕方ないのですが、「もうお兄ちゃんになったんだから」という理由で、何でもかんでも我慢させられると、上の子は下の子に対して「自分の自由を奪い、ママを独り占めする恨めしい存在だ」と思うようになってしまいます。

この時、赤ちゃん返りをして親を困らせるタイプの子はわかりやすいのですが、自分の感情をあまり表に出さないタイプの子は特に注意が必要です。「本当は甘えたいけど、悪い子でいたらママに嫌われてしまうかもしれない」。その気持ちから、評価されたい一心で“いい子”を演じます。

しかし、その結果ストレスがたまり、親の見ていないところで下の子をいじめたり、保育園で赤ちゃん返りをしたりします。上の子は親に優しくされることで、初めて下の子に優しくできるものです。

表面的にはわがままを言わない“いい子”に見えても、上の子は心中は穏やかではないことを頭の片隅に入れておきましょう。 

次ページ下の子が上の子をバカにし始める
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
持ち家が危ない<br>マイホームが「負動産」になる

東京・豊島区で15%の空き家率。空き家はもはや地方都市だけの問題ではない。積立金不足で大規模修繕が進まないマンションも。「負」動産化する持ち家の大問題とその対策を提示。