「わが家は空き巣に遭わない」なんて大間違い

泥棒は、そんなあなたを狙っている

最近はピッキングの技術も進化している(写真:ワンセブン / PIXTA)

もうすぐ、ゴールデンウィーク。長期休暇で、海外や地方へ旅行される読者も多いだろう。しかし、休みだと浮かれていると、楽しい旅の思い出が台無しになってしまうことも……。実は、空き巣被害が多い時期として挙げられるのが、正月やお盆、そしてゴールデンウィークのような長期休暇なのだ。

2013年に日本国内で発生した犯罪の認知件数は約132万件。そのうち、75%にあたる約99万件が「窃盗犯」(2013 刑法犯 認知件数より)。空き巣のような窃盗被害は、現代社会で最も身近に起こる犯罪といっても過言ではない。

「職業泥棒」は日本に約3000人

4月18日(土)夜7時からTBSテレビ『ジョブチューン・アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』に出演の小川泰平さんは、元神奈川県警の刑事として30年間勤務し、主に捜査三課で空き巣や金庫破りの職業泥棒と対峙してきた窃盗犯捜査のエキスパートである。そんな小川さんに窃盗被害の実態を伺った。

泥棒の稼ぎだけで食べている泥棒は「職業泥棒」と呼ばれるが、そんな職業泥棒は日本に3000人ほどいると言われている。意外と知られていないことだが、空き巣は1日で十数軒の家に侵入し、数を稼いでいるという。空き巣を1人捕まえると余罪が数百件あった、なんてことがざらにあるそうだ。実際に、小川さんが捕まえた中でいちばん多かったのは、1人で518件。小川さんによると、余罪2000件の泥棒を捕まえた例もあるそうだ。

家族で旅行に出掛けたり、実家に帰省したりすることが多いゴールデンウィーク。留守の家には車がなく、電気も真っ暗。「昨日も今日も車がなかった」ということで泥棒に不在がばれてしまう。泥棒からすると不在がわかっているので、1日中いつでも狙える。

では、泥棒に入られないようにするには、いったいどのような防犯対策をすればいいのだろうか?

次ページ空き巣被害を未然に防ぐには?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。