「初めての女性部下」に動揺しないための心得

営業女子たちのホンネから実態を検証!

実際、女性部下はどんなふうに考えているのでしょう?(写真:よっし / PIXTA)

上司「今度の人事異動で初めて女性部下が配属されてきたんだけど、彼女のやる気をどう引き出せばいいのやら……」

社内のダイバーシティ推進運動の一環で「女性部下のマネジメント」研修は受講したものの、当時は他人事だと思っていた。ただ当事者になってみると、女性部下をどのように扱っていいかわからず、妙に遠慮してしまう。正直、戸惑っている……。この時期、そんな思いを抱えている人は少なくないでしょう。

そこで今回は「初めて女性部下が配属されたときの対応」のヒントをお届けします。私が主宰する「営業部女子課」で、どのような上司が女性部下に支持されているのか「生の声」を拾ってきましたので、一緒に考えてみたいと思います。

「頼まれた=頼りにされている」という認識

声①「私の上司は、私が手掛けた仕事を尊重してくれるんです。ありがたいな、と感激しますね」

「尊重するなんて当然だよ!」と思うかもしれません。しかし、意識はできていても、それが相手に伝わらなければ、意味をなしません。

上司として仕事を課員にふりわける時には、何かしら手伝ってほしいと部下に任せることでしょう。そこでおそらく、男性ならば「上司から頼まれた=指示命令だからやる」というようにとらえて仕事に向かいますが、彼女たちからは「上司に頼まれた=この上司から私は頼りにされているからやる」という考えが浮かぶ……そんな声が出ました。

次ページ小さな「不信感」は大きな「嫌悪」に
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。