スマホ充電が1分に!スタンフォードで開発

アルミニウムバッテリーが革命を起こす?

(写真:nito / PIXTA)

スマートフォンを始めとするモバイル機器が抱える課題といえば、なんといってもバッテリーの寿命と充電時間だろう。また、現在のリチウムイオンバッテリーには発火や爆発といった危険もある。

これらの課題への解決策のひとつとして、スタンフォード大学の研究チームが、アルミニウムバッテリー(アルミニウムイオン電池)の開発を行っている。

同大学でHongje Dai教授が率いる研究チームは、従来のリチウムイオンバッテリーより圧倒的な速度で充電できるリチャージャブルなアルミニウムバッテリーを開発した。その充電時間はスマートフォンであればわずか1分だという。

あらゆる面で、従来より優秀!

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

研究チームが開発したアルミニウムバッテリーのプロトタイプは、充電時間が早いだけではない。折り曲げることも可能なため、将来柔軟なモバイル機器にも搭載することができ、これからのモバイル端末の進化にも影響を与えるだろう。

また、安全性に置いてもリチウムイオンバッテリーより優れているという。揮発性の素材が使われていないので、たとえばセルに穴を開けても、引火する危険がない。

次ページ最大の特徴はバッテリーの寿命
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。