リヴァンプ

BtoCビジネスに
イノベーションは起こせるか?

お客様から見える世界はクリエイティブ、マーケティング、ITの力で変えられる――成長企業のイノベーターが語る最先端事例――

リヴァンプ 取締役副社長兼COO
湯浅 智之氏
BtoCビジネスの未来を考える「Business to Consumer ビジネスにイノベーションは起こせるか?」が3月、東京で開催された。冒頭では、本セミナーを共催するリヴァンプの湯浅氏が登壇。「BtoCビジネスにおいては、マーケティング能力とIT能力を上げていくことが不可欠。本セミナーでは、これらを実現し成長を遂げた企業のイノベーターに最前線の事例を語っていただく。ぜひ、日頃の業務の一助にしてほしい」と挨拶し、幕を開けた。
主催:リヴァンプ、東洋経済新報社

基調講演
ローソンの挑戦

ローソン 代表取締役社長
玉塚 元一氏

リヴァンプの創業メンバーでもあるローソンの玉塚氏は、コンビニエンスストア(以下、CVS)業界を取り巻く状況について、「最近もCVS大手の経営統合が話題になったように、集約の流れが速い業界であり、ブランド戦略や新商品、既存投資によって競争力の維持を図る必要がある」と説明。

高齢化や家族形態の変化に伴って、惣菜や生鮮日用品などのニーズが増え、宅配サービスも求められている現状を明かし、顧客ニーズに対応することが不可欠だと語った。

これらの課題に対応するためには、業務改革の実行が必須とし、「共通ポイントカードから得られる購買動向データを分析することで商圏と顧客ニーズを的確に把握し、商品発注と品ぞろえに生かしている。購入率が高い商品については、原材料までさかのぼってこだわり、競争力のある商品にしていく」と、データ把握の重要性を強調。

また、「すべての起点は顧客にある。トップが危機感を持って事実を把握し、強い実行力で改革を進めることがすべてを決める」と熱意を込めた。

次ページ経営×ブランドデザイン、クリエイティブ
お問い合わせ
株式会社リヴァンプ
株式会社リヴァンプ
 http://www.revamp.co.jp/