アラサーのための戦略的「人生相談」--「ゆでガエル」として生きるほうが、幸せでは?(その1)


広瀬 一郎

■■第10回 「ゆでガエル」として生きるほうが、幸せでは?(その1)

白石健二・仮名 32歳 公務員

Whyを繰り返し、論理的に考え、戦略的に行動することは、とても大切だと思います。広瀬さんのおっしゃっている方法論を実践すると、自己満足は得られるのでしょうが、組織で浮いてしまって、自分を追い詰めてしまうように思います。

戦略的な思考を実践することは、現実的なメリットがあるのでしょうか? それよりも、組織の空気に合わせて、軋轢など起こさずに生きたほうが、幸せなのではないでしょうか?

* * *

広瀬: そこは本当に悩みどころです。漱石が『草枕』で「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される(中略)とかく世間は住みにくい」と言っていますが、これは今も真実です。

「突出を恐れるな」と格好いいことを言っても、現実に日本の組織で突出すれば、「出る杭は打たれる」ことは多いでしょう。組織内で自己主張して「突出」したり、大同につかない異見を述べたりするのは、「超ハイリスク」ですが、それに見合った「リターン」を期待するのは、従来であれば極めて難しかった。お気楽に「それでも勇気を持ってやるべし」なんて言えなかったのです。

私は昭和30年生まれの、歩く「55年体制」です。「団塊の世代」の次の世代です。「団塊の世代」は、従来型の対応で見事に「逃げ切り」ました。タテマエで、「自己主張せよ」と言っても、本音では「そんなことをすればバカを見る」ことを知っていたのです。

はっきり言えば、彼らは「卑怯(ひきょう)」といえば卑怯でした。学生時代、学生運動を通して、いったんは「タテマエ」を否定したんですから。それなのに、就職が決まると、髪を切り七三分けにした。髪を切ったときに、自分の中の「神」も切ったんでしょうね。自分たちが批判していた「体制」の中枢に、スリ寄っていったわけです。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。