【産業天気図・住宅/マンション】マンション活況続くが、そのあおりで戸建て厳しい

マンション業界の活況が続いている。首都圏の新築マンションの供給戸数は、昨2004年度でバブル期の2倍の水準に当たる8万戸超を6年連続で記録。平均坪単価も上昇傾向にある。低金利を背景にした購買ニーズは依然旺盛で、人気物件には4倍を超える倍率もつくが、その一方では、完成後も大量に売れ残る物件も散見されるなど、今後はこの業界でも2極化が進みそうだ。
 他方、戸建て市場は、主要顧客層である50歳代が都心に近いマンションに移り住むことから、総じて漸減傾向にある。ただ、積水ハウス、大和ハウスは営業増益を見込むなど、業界大手は強さを見せている。
 以上を空模様に例えれば、マンションは当面『晴れ』が続きそうだが、戸建ては『曇り』といえよう。ただ、低金利がマンションの牽引役を務めているだけに、浮上している金利上昇や増税のリスクが現実のものとなれば、大きな影響を受けざるを得ない点は注意を要しよう。
【藤尾明彦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。