韓国当局、産経前支局長の出国禁止を解除

「人道的な面を考慮」して8カ月ぶり

 4月14日、韓国司法当局者は、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。写真は朴大統領。ソウルで1月撮影(2015年 ロイター/Jung Yeon-Je/Pool)

[ソウル 14日 ロイター] - 韓国司法当局者は14日、朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長に対する出国禁止措置が解除されたと明らかにした。

韓国検察は昨年10月、加藤氏が同年8月3日に書いた朴大統領に関する記事は「虚偽の情報」に基づくものだと結論付け、同氏を在宅起訴していた。

韓国メディアは出国禁止措置解除について、同氏の母親が病気であることや、8カ月間家族と離れ離れになっていることなどを当局が「人道的に考慮した」結果だと伝えている。

加藤氏はロイターに対し、現在進行中の裁判には出席する意向を示した。次回の公判は20日に行われる予定。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。