計測器や通信機器を手掛けるアンリツは福島・郡山工場が正常稼働【震災関連速報】

計測器や通信機器を手掛けるアンリツは福島・郡山工場が正常稼働【震災関連速報】

計測器や通信機器の有力企業であるアンリツは、東日本大震災を受けて一時生産を停止していた生産拠点の郡山事業所と東北アンリツ(福島県郡山市字道場)の操業を3月28日までに再開した。

もともと震災からの復旧は迅速だったものの、東京電力福島第一原子力発電所の事故による屋内待避圏近くに居住する従業員らを考慮し、生産再開を一時中断していたが、3月28日朝から全ラインで完全に生産を再開している。物流も、郡山からの直接出荷・納入体制を整え、インフラも水道、電気、ITシステムとすべて正常稼働しており、当面の操業に支障はない。

一部部品等調達先には復旧状況が完全でない部分もあるが、一時的に代替部品を導入するなど対策を講じており、震災による納期のずれ込みは、2011年度第一四半期内にはほぼ取り戻せると見ている。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。