エルナーの白河工場は4月1日稼動再開へ、東北全拠点の復旧が間近【震災関連速報】

エルナーの白河工場は4月1日稼動再開へ、東北全拠点の復旧が間近【震災関連速報】

車載用やデジタル家電などの基板やコンデンサーを手掛けるエルナーは、東日本大震災で被災したエルナー東北の白河工場(福島県西白河郡西郷村)が、4月1日から操業再開できる見通しだと発表した。

プリント回路基板の製造を行っている白河工場では震災の影響で製造設備が一部損傷。水道などのインフラも寸断され、操業停止が続いていた。その後急ピッチで設備の修繕、部品交換等を行い、設備の復旧はおおかた完了。現在は設備の調整やテスト稼動などを行っている。

白河工場が再稼働すれば、すでに再稼働しているコンデンサー生産を行う青森工場(青森県黒石市追子野木)と合わせて、エルナーの有する東北拠点は全て稼動を再開することになる。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。