メイコーは宮城、福島工場の被害甚大。復旧の見通したたない【震災関連速報】

メイコーは宮城、福島工場の被害甚大。復旧の見通したたない【震災関連速報】

プリント回路基板大手メーカーメイコーの東日本大震災の被災状況は深刻。東北拠点の3工場のうち、福島、宮城の2工場で操業停止が続いている。

宮城工場(宮城県石巻市重吉町)は津波による被害が甚大だった。設備の倒壊や土砂の堆積が著しく再稼働の見通しは立っていない。また、従業員390人のうち、2人死亡、4人が安否未確認と人的被害も大きい。 

福島工場(福島県双葉郡広野町)でも、原発事故の避難勧告の対象範囲内にあることから、工場に立ち入りができない状況。復旧の見通しは立っていない。
 
 今回の被災によって生産能力の低下は必至。福島、宮城両工場は売上高の約12%を占める。現在、メイコーは神奈川工場や稼動を再開した山形工場、中国の広州・武漢両工場での代替生産を急いでいる。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
攻防!たばこ規制<br>迫る全面禁煙社会

厚生労働省が「受動喫煙防止対策」を強化。今年の通常国会での法案提出を目指す。飲食店などでは「分煙ルームもNG」となり、客離れが生じかねない。飲食、娯楽業はどう対応するのか。