ディー・エヌ・エーが、東日本大震災被災者を対象に契約社員を募集【震災関連速報】

ディー・エヌ・エーが、東日本大震災被災者を対象に契約社員を募集【震災関連速報】

携帯電話向けソーシャルゲーム「モバゲー」などを手掛けるディー・エヌ・エーは、東日本大震災の被災者を対象に、50~100人をメドに契約社員を募集すると発表した。

4月から開始する第1次募集では、同社が新潟市に持つサポートセンターで、カスタマーサービス担当者として約20人を採用する。対象者は新潟の避難所で生活をする被災者だ。

2次募集以降は、新潟での勤務だけでなく、他の地域での勤務も募集し、対象者や募集方法は自治体や教育機関とも連携して決めていくとしている。契約社員の雇用だけでなく、各種の雇用支援施策も検討していく方針だ。

被災地の本格的な復興には、被災者の雇用確保は欠かせない。雇用を創出する取り組みが拡大することに期待したい。

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン 撮影:尾形文繁)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。