横行!「偽物インターンシップ」に気をつけよう

「たった1日」ではただの見学会と変わらない

毎年、インターンシップ実施企業も参加学生も増加しているが・・・・・・(撮影:城 友尋)

このところインターンシップを実施する企業、参加学生ともに増加している。就職シーズン前のキャリアセンターの掲示板は、インターンシップ募集のポスターがあふれている。

リクルートキャリアが4月6日に発表した「就職白書2015」によると、2014年度にインターンシップを実施した企業は55.5%と、2013年度の 46.0%より9.5ポイント増加した。また、2015年度に実施予定の企業は58.3%と、2014年度よりも2.8ポイント増加する見通しだ。

本当にインターンシップと呼べるのか?

欲しいのは宣伝ではない、ホントの情報!『就職四季報2016年版』には5000社の客観情報が掲載されている(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

インターンシップとは、学生が一定期間、企業などで研修生として働いて就業体験をする制度。本来ならば1カ月以上は企業で従業員と一緒に働くのが当たり前だが、日本のインターンシップは短期間のものが多い。

「就職白書2015」によると、インターンシップ期間は「3日以上1週間未満」がいちばん多く、その次は、なんと「1日」。就業体験の期間としてはあまりにも短すぎる。また、プログラム内容も問題が多い。インターンシップは会社の業務を経験する機会であるはずなのに、実際はそうではないケースが多いのだ。

プログラム内容で最も多いのは「通常業務ではなく別の課題やプロジェクト」(51.1%)で、次いで「職場や工場の見学」(41.8%)となっている。これでは勉強会か企業見学会だ。期間とプログラム内容を見ると、日本のインターンシップは、実質インターンシップではないことが多い。

一定期間、じっくりとインターンシップをしたい学生は少なくないが、インターンシップ先を見つけることは簡単ではない。また、企業もインターンシップを通じて学生を新卒採用したいが、どのようにしてやる気のある学生を探したらいいのかわからない。

次ページプログラミングで学生の性格を知る
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。