プロをしのぐことも!個人に学びたい投資術

日経平均2万円時代に株でどう儲ける?

そろそろ本格的に買うべきか、それともしばらく様子を見たほうがいいのか――。株式市場は悩ましい水準に入ってきた。

日経平均株価は4月10日に2万円を達成。15年ぶりの大台回復で、日本株はさらなる高みに向けて動き出したかと思いきや、10日午前中につけた2万円台は “瞬間風速”にとどまり、その後は1万9000円台後半で伸び悩んでいる。

日経平均は2万円近辺で足踏み、今後は?

(写真:Wayne_PHOTO / PIXTA)

年初の1万7000円近辺から駆け上がってきただけに、フシ目の水準に到達したことで、ひとまず利益を確定したいとの投資家心理が働いているようだ。

今のところ2万円をピークに息切れするとの見方は少ないが、3月期決算発表がまもなく本格化することもあり、当面はやや神経質な展開が予想される。

株式投資で利益を上げるには「安く買って高く売る」が基本。いずれ上昇が再開するなら、相場が一休みしている間は有望株探しの好機と言える。しかし、投資経験が浅いと、有望株をどうやって探すのかなど、戸惑うことも多いだろう。その場合、ほかの個人投資家の手法、考え方が気になるが、まずはデイトレーダーなどプロ級の投資家よりも、自分と「腕前」が大きく違わない投資家の方が参考になる。 

次ページ株式投資の醍醐味とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。