押すだけ配達!すごい「アマゾンボタン」登場

楽々リピート注文で「浮気」させない新戦略

いちいち買い物に出かけなくても、ウェブ上で注文すれば自宅にまで商品を届けてくれるネットショッピングは、非常に便利だ。アマゾンのウェブサイトであれば、商品を見つけたらワンクリックで注文できてしまう。

しかしそのウェブサイトを開くことすら面倒になるという、さらに人を横着にさせてしまう仕組みの提供を米アマゾンが開始する。それは、現実世界に設置する『Amazon Dash Button』というワンクリックのリアル版だ。

ウェブサイトすら見ずに、ただそこにある『Amazon Dash Button』を押すだけで、商品が自宅に届けられる。ああ、我々は、どこまで楽しようというのか。こんな便利な物ができてしまっては……。

リピート注文なら、ポチッと押すだけ

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

「Amazon Dash Button」はどこにでも貼り付けることができるボタンだ。そしてこのボタンには、ポチッと押すだけで、特定の商品を設定した数だけ注文できる機能が搭載されている。これは非常に便利であると共に、アマゾンにとってはリピート注文を増加させる非常に優れた装置となる。

たとえば、コーヒーメーカーにこの「Amazon Dash Button」を貼り付けておけば、いつものコーヒーの在庫がなくなってきたら、気付いたその場で「Amazon Dash Button」をポチッと押せばよい。

次ページもし誰かが余計に発注してしまったら?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。