テイラー・スウィフト、14部門で候補に

ビルボード音楽賞に最多ノミネート

 4月7日、米国の3大音楽賞の1つ、ビルボード・ミュージック・アワードのノミネートが7日発表され、米歌手テイラー・スウィフト(25)が最高賞のトップ・アーティスト賞を含む最多14部門で候補となった。ロサンゼルスで3月撮影(2015年 ロイター/Danny Moloshok)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米国の3大音楽賞の1つ、ビルボード・ミュージック・アワードのノミネートが7日発表され、米歌手テイラー・スウィフト(25)が最高賞のトップ・アーティスト賞を含む最多14部門で候補となった。

英歌手サム・スミス(22)も同賞など13部門にノミネートされた。

トップ・アーティスト賞は、スウィフト、スミスのほか、米ポップ歌手ケイティ・ペリー、英ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」、米歌手アリアナ・グランデが候補となった。

また、オーストラリア出身のラップ歌手イギー・アゼリア(24)はトップ・ニューアーティスト賞など12部門で候補に選ばれた。

授賞式は5月17日にラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われ、ABCが生中継する。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。