気の利くママほど、子の「コミュ力」を落とす

「言えない子」にしてしまうNG行動とは

子どもが泣いたり困っているとき、「ついつい」助けてしまっていませんか?(写真:くーちゃん / Imasia)

まだ語彙が豊富ではない子どもは、自分の意思や気持ちを表現することがうまくできません。引っ込み思案な子どもだと、なおさら苦手でしょう。子どもが自分の気持ちを伝えられずにモジモジしているとき、あなたはどうしていますか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、子どものコミュニケーション能力が育たなくなる親のNG行動についてお話しします。

口を出すより共感してあげることが大事

■NG行動その1:子どもの気持ちを代弁する

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

お友達におもちゃを取られてしまい、離れたところで我が子がシクシク泣いています。こんなとき、ママはつい助けてあげたくなりますよね。でも、「そのおもちゃはうちの子のものだから返してね」と子どもの代わりに言うのは過保護と言えます。

しかし、「もっと強い子になってほしい」という思いから、「そんなことでイチイチ泣くんじゃないの!」としかったり、「自分で取り返してきなさい」と背中を押してあげたりすることも子どものためになりません。

そもそも、最初からそれができる子だったら泣いたりしません。逆に自分のスコップを奪ったお友達を噛んだり突き飛ばしたりして、相手を泣かせているでしょう。引っ込み思案で慎重な性格のため「返して」というひと言がなかなか言えないのです。

次ページ「先回り」も厳禁!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。