ヤマト運輸は福島県での集荷・配達地域を拡大【震災関連速報】

ヤマト運輸は福島県での集荷・配達地域を拡大【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は27日、福島県での集荷・配達地域を拡大した。

今回の対象地域拡大の結果、いわき市※、南相馬市※、田村市※、相馬郡※、福島市、郡山市、白河市、須賀川市、二本松市、伊達市、本宮市、相馬市、安達郡、石川郡、岩瀬郡、伊達郡、田村郡、西白河郡、東白川郡、会津若松市、喜多方市、南会津郡、耶麻郡、河沼郡、大沼郡で、戸口まで配送する通常の宅配便サービスが利用できるようになった。

ただし、クール便や時間帯指定便、コンビニエンスストアでの受け付け・受け取りは対象外。

なお、上記の※印の地域は一部に対象外のエリアが残る。いわき市では大久、末続、四倉、小川、川前の各地域、南相馬市では小高、原町、鹿島の一部、田村市では都路町、常葉町黒川、田代、船引町横道、相馬郡では飯館村の一部の配達は依然として復旧していない。

ヤマト運輸では、「通常のお届け日数に加え、2日から7日程度を要する可能性がある」としている。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。