NYの公園にゲリラ芸術家が「スノーデン像」、違法で即日撤去

匿名の芸術家グループが設置をしたが・・・

 4月6日、米国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を暴露し、ロシアに逃れたエドワード・スノーデン容疑者の銅像が6日未明、匿名の芸術家グループによってニューヨークの公園に設置された。ニューヨークで撮影。提供写真(2015年 ロイター)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米国家安全保障局(NSA)の情報収集活動を暴露し、ロシアに逃れたエドワード・スノーデン容疑者の銅像が6日未明、匿名の芸術家グループによってニューヨークの公園に設置された。

同容疑者のトレードマークのメガネをかけた胸から上だけの胸像で、公園にあった記念碑の上に置かれた。

芸術家グループは胸像設置の理由について、スノーデン容疑者に共鳴し、敬意を表するためとの声明を出した。

胸像は当局が違法として6日午後までに、ブルーシートで覆い撤去した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。