シャープ、液晶分社化を検討 産業革新機構と出資交渉へ=関係筋

産業革新機構と出資交渉へ

 4月5日、シャープが産業革新機構と出資交渉に入る方針を固めたことがわかった。主力の液晶事業を分社化し、外部資本を注入することで、経営の安定化を図る。昨年2月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 5日 ロイター] - シャープ<6753.T>が、産業革新機構と出資交渉に入る方針を固めたことがわかった。主力の液晶事業を分社化し、外部資本を注入することで、経営の安定化を図る。

関係筋によると、亀山工場(三重県亀山市)や営業部隊を含む液晶事業を別会社化した上で、革新機構の資本を活用する方向で検討している。監督官庁の経済産業省などに打診したが、革新機構との交渉にはまだ入っていない。

シャープにとって液晶は、連結売上高の3分の1を占める主力事業。巨額な設備投資が求められるが、シャープ本体の自己資本比率は昨年12月末で10.8%にとどまり、資本が不足している。

革新機構は、日立製作所 <6501.T>、東芝 <6502.T>、ソニー <6758.T>の中小型液晶事業を統合し、2012年4月にジャパンディスプレイ(JDI)を発足させ、14年3月のJDI上場後も35%の株式を握る。

別の関係筋によると、従来から革新機構は、シャープへの出資に関心を示しており、昨年秋にシャープ側に面会を呼びかけたものの、 当時はシャープ側が革新機構の打診を断る形で交渉には至らなかった。

シャープは、経営危機が再燃する中で、革新機構の資本活用を前向きに検討することにしたが、分社化しても液晶事業の51%以上の過半数出資は確保したい考えで、JDIとの統合には否定的。両者の意向が最終的に合致するどうかは不透明だ。

シャープは、2015年3月期の連結最終損失が2月に公表した300億円から大幅に膨らむ見通しで、主力取引銀行に資本支援を要請している。構造改革を含む新中期経営計画を5月に策定する予定で、液晶事業は、スマートフォン(スマホ)向けだけでなく自動車向けの供給拡大を打ち出す方針。

シャープ広報は「液晶事業を含む抜本的な構造改革は様々な検討を行っているが、決定した事実はない」とのコメントを発表した。

*カテゴリーを変更します。

(村井令二 編集:田巻一彦)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。