火星に生命存在の痕跡?窒素化合物を発見

火星探査車「キュリオシティ」の調査結果

生身の人間こそ行っていないものの、火星上では人間が送り込んだ探査車が日常的にさまざまな調査を遂行している。ただ動きまわって映像を撮るだけではない。物質の分析すら、その場でやってしまうのだ。

そんな火星探査車『キュリオシティ』があらたな調査結果を報告してきた。NASAのウェブサイトによれば、窒素化合物『硝酸塩(N03)』を発見したというのだ。これはなにを意味するのか。 

生物にとって窒素は不可欠

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

硝酸塩は生物組織によく利用される形態の窒素を含んでいる化合物だ。これが発見されたということは、かつての火星は、生物が存在できる環境にあったということの裏付けになるという。

窒素は生命に欠かせない要素で、DNAやRNAを作ったり、髪や爪などの組織を形成したり、化学反応を促進したりする働きがある。

しかし、地球においても火星においても、大気中の窒素は、窒素ガス(N2)の形態で存在している。2つの窒素分子が結合した状態だ。これは、非常に強固な安定した結合なので、ほかの分子等とは容易には反応しない。生物に必要な反応を行わせるためには、窒素分子を分離させるか“窒素固定”させないといけない。

地球上には、大気中の窒素ガスを窒素固定させることができる微生物がいて、生物の新陳代謝に必要な役割を担ってくれている。一方で、落雷のような自然現象によっても、少量の窒素固定は起こる。今回火星上で見つかった硝酸塩(N03)というのは、まさにその窒素固定によってできる物質で、さまざまなほかの原子や分子を結合する性質を持っている。

次ページこの硝酸塩はどうやってできた?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。