大量入社!新人を「目障り」に思う先輩たちへ

超ポテンシャル採用を見るのも面白い

朝起きられない子のモーニングコールもさんざんしましたし、「飼っているハムスターが亡くなったとき、忌引休暇は取れますか?」と相談されたことも、連絡のつかない子の家まで様子を見に行ったことも、ご両親から「もっと早く家に帰してくれ」と電話をいただいたこともあります。

お酒の席の失敗の面倒も見たり、見られたり(笑)。それぞれの部署ごとにたまに集まると、大体はその手の思い出話で盛り上がりますが、何度話しても涙が出るほど笑える。。今では、大きな事業の責任者をやっていたり、管理職に抜擢されていたり、退職して自分の夢を追いかけている人も、家庭に入ってお子さんを一生懸命育てている人も、みんなそれぞれの場所で大活躍です。私の自慢の元新人たちです。

オムツを替えてあげたからこそ、将来の成長が楽しめる

社会人としての「赤ちゃん」時代に「オムツを替えてあげた」からこそ、彼ら、彼女らの成長ぶりをきちんと振り返って話してあげられるし、頼ってももらえる。そして、今の立派な姿がとても誇らしく思えるのかもしれないですねぇ。

堂薗稚子さんの著書『 「元・リクルート最強の母」の仕事も家庭も100%の働き方』(角川書店)も発売中です

いろいろな人との新しい出会い、すばらしいじゃないですか。理解のできないような言動をする新人には、驚いていればいいのです。失敗したらフォローをしてあげて、危ないことをしたらちゃんとしかってあげればいい。

「もう、いい加減にしてよね~」くらいの愚痴は、日常、きちんと面倒を見てあげられていれば、許されるから大丈夫。新人から発せられるSOSに気づいて、周囲に相談しながら手を打つことができたら、早期の退職だって現場のせいになんかならないはずです。もっと言うと、「私たちのせいなの?」ではなく、「もっとできることがあったのでは……」と、自分のこととして考えられるはずだと思うのです。

人数が大量でも少数でも、新人を迎え、社会人として一人前に育てることは、組織としても大きく成長できる機会でもあります。そこにかかわる「旧人」たちだって、新たな気づきをたくさん得られることでしょう。ため息ついてストレスを感じているなんてもったいない! そのストレスをネガティブなものとしてではなくて、「刺激」としてとらえればいいんですよ。

あなたにとってきっと宝物のような経験になります。そう思って、わくわくと同時に大きな不安も胸いっぱいに抱えた新人たちを、両手を広げて迎えてあげてほしいなぁ。誰もがみんな新卒だった、っていうシンプルな話だと思うのです。

まぁ、私の会社はとても新卒なんて採用できないから、あなたがうらやましくてたまらないっていうのが、いちばんの気持ちなんですけれど(笑)。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?