なぜ夫は、妻のグチを素直に聞けないのか

「最初の宣言」で夫婦の会話はスムーズになる

夫婦ゲンカの原因は、男女の思考回路の違いかもしれません

今日驚いたことや悲しかったことを、ただ夫に聞いてほしいだけなのに、夫の反応はイマイチ。それに不満を言ったら「俺にどうしろって言うんだよ!」なんて思わぬ夫婦ゲンカになったという経験はありませんか?

そういうケンカが繰り返されるのは、世の女性が「男の思考回路」をかなり読み違えているからです。今回は、夫婦カウンセラーとして多くのクライアントの悩みに触れてきた筆者が、なかなか女性が気づけない、「夫に共感してもらえる話し方のコツ」をお話します。

なんで夫は気持ちを理解してくれないの?

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

たとえば、妻がある人に言われたことに傷つき、そのことを夫に伝えたとします。

「こんなひどい事を言われたの『生まれて初めて』!」

あまりの怒り、悲しみにちょっとオーバーな表現になっているのでは、と男の筆者からは思えます。

女性同士の会話ではこのくらいの水増しは日常茶飯事かと思いますので、「何がいけないの?」と思ったかもしれませんが、男は客観的でないことや大げさなもの言いを嫌うものなので、相づちを打ちながらも「いくらなんでも『生まれて初めて』はないだろう」と、心の中でツッコミをしています。

次ページ夫の反応が悪いとさらに悪循環が…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。