他人を巻き込む自殺は、「殺人」ではないのか

ドイツ機墜落事故、副操縦士の責任は

(写真:ロイター/アフロ)

ドイツ旅客機がフランス南東部で墜落し、乗客乗員150名が犠牲になった事故で、連日の報道の通り、ドイツ人の副操縦士が「意図的に飛行機を墜落させた可能性」が疑われている。

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

報道によると、フランス検察が同機のボイスレコーダーを分析したところ、墜落前の数分間、同機を操縦していたのは副操縦士で、機長はコックピットから閉め出されていたことがわかった。機長がコックピットに戻すよう要求しても、副操縦士からの応答はなかった。また、副操縦士の呼吸音が聞こえていたとのことで、意識を失った可能性は小さいとみられている。

「道連れ」は自殺と言えない?

もし、副操縦士が意図的に飛行機を墜落させたとしたなら、乗客と乗員はその道連れに巻き込まれたという見方もできそうだ。記者会見で、自殺の可能性について問われたフランスの検察官は「自殺は普通ひとりでするもの。150人を道連れにしたのは、自殺とは言えない」と話したという。

もし仮に日本で、他者を巻き込む形で自殺をし、道連れに殺してしまった場合、何らかの罪に問われることになるのだろうか。刑事事件にくわしい冨本和男弁護士に聞いた。

次ページ殺人罪より重い罪になる可能性も
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。