一億総うつ社会 片田珠美著

一億総うつ社会 片田珠美著

うつが激増している。その背景には診断マニュアルの改訂による「うつ」概念の拡大や投与しやすい新しい抗うつ薬の登場があるが、同時に「新型うつ」と呼ばれる従来とは異なるタイプの増加が見逃せないと精神科医である著者は指摘する。

新型うつは自分の病気を他人や会社など周囲のせいにする「他質的」な傾向が顕著だという。クレーマーやモンスターペアレントと呼ばれる人にも共通して見られる傾向であり、その意味で新型うつは世相を如実に反映しているともいえる。過剰なまでの自己愛とそれを許す社会の変容、誰もがうつになってもおかしくない「一億総うつ社会」の様相を呈する現在の日本社会に対し、処方箋を提示する。

ちくま新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。