グーグル太っ腹!社会貢献にポンと3.5億円

日本のNPOに巨額の助成金を提供

「男性も時間を自由に使える社会にしていかなければならない」と語るフラー氏(撮影:今井康一)

――Women Will賞のマドレボニータは産後ケアの啓発を行う団体だが、日本では出産のタイミングで退職する女性が多く、復職が容易ではない。

私も2人の娘がおり、育休を取った経験がある。子どもを産んでしばらくたつと、子どもとの時間は楽しかったが復帰したいと思うようになった。当時働いていたビル&メリンダ・ゲイツ財団は、お迎えや具合が悪いときなどに駆け付けることができるよう、勤務時間を柔軟に対応してくれた。

さらに、「あなたは経営にかかわるスキルがある人材なので大事にしたい」と言ってもらったので、とてもうれしかった。8年前にグーグルに移ったが、グーグルも働く女性への支援がしっかりしている。

必要なのは、管理職のリーダーシップ

男性も自分の人生、家庭を大切にできる社会にしていかなければならない。私はマネジャーとして、勤務時間や勤務場所に関して部下に自由度を与えているが、メンバーの仕事へのモチベーションが高まるだけでなく、定着率や生産性も向上している。私のチームは、女性より男性のほうが育休をとっているのではと思うくらいだ。子どもとよい時間を過ごした人は、会社への忠誠心が違う。

私自身は、朝6時30分に仕事を開始して夕方4時に会社を出るようにしている。そうすることによって、渋滞が始まる前に帰宅できるので余裕が生まれるし、夕食を作って家族と食べることができる。かつて上司だった男性は、彼自身が飲めないこともあって、チームでお祝いするときは仕事が終わってからではなく、日中にやるよう慣例を変えていた。このように、職場のカルチャーや構造を変えるには、管理職やリーダーシップのある人が模範を示すことが大切だ。

すべての業務を精査し、「生産性を上げているのか?」「それって必要?」「利益につながっている?」と問い続ける必要もある。ノーとされる多くのものが、お母さんの職場復帰の障害になっているからだ。長時間労働は生産性を下げるし、飲みに行かなくてもチームの絆を強めることはできる。母親の復帰を支援するのは、会社の競争優位を高めることでもある。新しく人を採用してトレーニングするより、経験のあるトップタレントを定着させるほうがいい。暖かく迎えるようにしている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?