キヤノンはデジカメの国内3拠点がすべて操業停止、コンデンサーなどの調達が滞る【震災関連速報】

キヤノンはデジカメの国内3拠点がすべて操業停止、コンデンサーなどの調達が滞る【震災関連速報】

キヤノンはデジタルカメラを生産する国内3拠点のすべての操業を停止している。東日本大震災により、コンデンサーなど電子部品の調達が滞っているためだ。

一眼レフやコンパクトカメラを生産する大分キヤノン(大分県国東市)は「16日から3日間操業を停止する」としていたが、現在も操業は止まっている(22日12時現在)。23日以降は未定。同じく、22日から停止している長崎キヤノン(長崎県波佐見町)は、23日と24日の稼働を見合わせる。

コンパクトカメラを手がける宮崎ダイシンキヤノン(長崎県児湯郡)も生産停止中。同社は「23日以降については、これから検討する」(広報)としている。

今回、供給が滞ったのはコンデンサーなどの電子部品。汎用品を複数社から調達していたが、調達先工場が被災したり、インフラ問題で物流が停滞している影響で、十分な数量を確保できていないようだ。キヤノンは主力工場の生産停止が長引けば、需要旺盛なデジタルカメラの生産に痛打となる。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
攻防!たばこ規制<br>迫る全面禁煙社会

厚生労働省が「受動喫煙防止対策」を強化。今年の通常国会での法案提出を目指す。飲食店などでは「分煙ルームもNG」となり、客離れが生じかねない。飲食、娯楽業はどう対応するのか。