「言っても聞かない子」を根本から変える方法

問題の部分だけ指摘せず「流れ」を変えよ

(写真:Ushico / Imasia)
 小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには?
 約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。この連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。

【ご相談】

 初めてお便りします。現在、中2の男子と、小6の女子、小3男子の3人の子がいる母親です。先日、中学校で面談があり、学校の先生から「智也君は、忘れ物が多く、またノートの取り方もよくないので、その点を家庭でも指導してください」と言われました。
 中2の智也は小学校の頃から、よく忘れ物をして先生からしかられ、家でも何度も注意していますが、まだ直りません。石田先生の著書の中で、「整理整頓」が学力を伸ばすことにつながっているという文面を拝読し、そのとおりだと感じました。しかし実際に、どのようにしていけばいいのか。よい方法がありましたら、ご教示ください。
(仮名:長島さん)

【石田先生の回答】

子どもの頃から、きっちりと整理整頓ができる子というのは、ほとんどいません。子どもは、遊んだら遊びっぱなし、服は畳まないし、部屋の中も雑然としているというのが一般的な特徴ですね。

しかし、いつまでもこのような状態でいると、やがてよくない傾向が出てきます。学校でノートをとったり、プリントが配布されたり、翌日の学校の準備やテスト勉強をするようになると、整理整頓ができないことが大きなデメリットになり、一部の天才的能力を持つ子を除き、学力に多大な影響を与えるようになるのです。

次ページ整理整頓を習慣化するには?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。