プロ野球の試合時間は必ず短縮できる

1試合平均「3時間17分」は長すぎる

巨人の原辰徳監督と話す熊崎勝彦コミッショナー(左)。時間短縮への意気込みは買える(写真提供:スポーツニッポン)

いよいよ2015年のプロ野球が開幕する。日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーはシーズンの開幕を2日後に控えた3月25日、異例の「コミッショナー宣言」を発表した。まずは少し長くなって恐縮だが、全文をご覧いただきたい。

             =コミッショナー宣言=
 80年以上の歴史を持つプロ野球が、将来に向けさらなる発展を遂げ、「文化的公共財」であり続けるためには、試合そのものを常に魅力あるものにしなければならない。そのために今回、初めて12球団、監督・コーチ、選手、審判員等プロ野球関係者が一体となり、いかにすればよりよい試合をファンの皆様にご覧いただけるかを真剣に話し合うことになった。
 プロフェッショナルである以上、最高の技術をぶつけ合い、フェアプレイの精神の下、常に子供たちの模範となり、憧れの存在であることを忘れてはならない。
 そして、多くのファンに歓迎される試合をすることは、プロ野球に携わる者すべての責務である。今シーズンより、ゲームオペレーションの一つとして、日本のプロ野球の素晴らしさをより高めるべく、スピーディーな試合進行の実現に挑戦する。 

読者の皆さんはこれを読んでどう感じただろうか。

昨季の平均試合時間は9回で終わった試合で3時間17分。延長試合やコールドゲームを含めた全試合では3時間22分にのぼった。「ファン目線に立って、なんとか3時間以内にしたい」とする熊崎勝彦コミッショナーは2月に12球団のキャンプ地を回って現場の声を吸い上げた上で「ゲームオペレーション委員会」を立ち上げた。

試合時間短縮はプロ野球積年の課題。毎年のように対策が検討されてきた。しかし、ほとんどプレー経験のない親会社からやってきた各球団の代表者が決め、現場に下ろす形。はかばかしい効果は見られなかった。今回の「ゲームオペレーション委員会」は12球団の代表者に加えて選手会、審判員の幹部もメンバーに加わっているのが画期的だ。

次ページ短縮に向け、画期的な委員会が立ち上がったが・・
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。