トリドールは東北、北関東の36店がいまだに営業停止中。計画停電も懸念【震災関連速報】

トリドールは東北、北関東の36店がいまだに営業停止中。計画停電も懸念【震災関連速報】

「丸亀製麺」を展開する外食大手トリドールは、今回の東日本大震災の影響で、東北、北関東に展開する店舗が大きな影響を受けた。11日の震災発生時は、関東・東北に展開する全220店舗(総店舗数の4割)が一時的に操業を停止。13日以降、安全確認が取れた店舗から営業を徐々に復活させているが、茨城、宮城、福島などにある36店舗がいまだに休止している(18日午前10時時点)。

被災した店舗で働く従業員の安否はほぼ確認が終わっている。うどんやてんぷらの食材など、材料調達リスクは現時点で生じていないという。

休止中の36店舗のうち、8店舗は数日中に再開のメドが立っている。しかし、残る28店舗は電力・水道インフラ回復や出店先のショッピングセンターの再開に左右されるため、営業再開が不透明な状況だ。直接被災しなかった関東地域の店舗についても、計画停電の影響で1日当たり稼働率の低下が懸念される。トリドールの地盤は関西地方ではあるものの、業績に与えるインパクトは小さくない、と「東洋経済オンライン」は見ている。

(西澤 佑介 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。