ぐずる子を「ぐっすり眠らせる」3つの秘策

まずは「入眠儀式」の習慣づけから!

寝ている時は天使のようですが……(写真:FamVeld / Imasia)

寝顔は天使でも「眠いのになかなか眠りに落ちなくて」ぐずる姿は悪魔に見えてしまうわが子。実は「自分で寝る」というのは小さい子どもにとっては想像以上に大変なことなんです。

あの手この手で、気づいたらもう夜更け!?なんてことも当たり前。「お願いだから早く寝て!」という叫びが聞こえてきそうな、切実な願い……。今回はシンガポール在中の子育てアドバイザーが、そんなママ達のために「眠れない子が眠れる子に変身できる3つの方法」をお伝えします。

毎日の習慣が大事

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

■1. 「入眠儀式=寝る準備」の習慣づけから

子どもにとって「入眠儀式=寝る準備」はとても大切です。

「ご飯の後に歯を磨く、その後に絵本を読んでもらう、それから抱っこでベッドに連れて行ってもらって、おやすみのキスをする」というような毎日の決まった習慣があると、子どもは眠りやすいのです。子どもにとっての「毎日の決まった習慣」は、それだけで安心感を育てる、大事なもの。

今日はこのテレビを見てから、今日はデザートを食べてから……などママの都合でコロコロと習慣を変えるのはよくありません。家族の誕生日やお正月、クリスマスなどの「特別な日」以外は、少し頑張って「いつも同じ」習慣を作ってみてください。習慣がつくと、子どもはもちろんママも楽になりますよ。

次ページ親の毅然とした態度が大事
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。