オートバックスは東北や関東の一部店舗で営業休止が続く、千葉の物流センターも被災【震災関連速報】

オートバックスは東北や関東の一部店舗で営業休止が続く、千葉の物流センターも被災【震災関連速報】

カー用品販売店大手のオートバックスは、東北と関東の一部地域の計55店と、東日本の物流センター(千葉県市川市)が東日本大震災で被災した。

被害の軽かった店舗は順次営業を再開しているものの、17日午後時点でまだ21店が営業を休止した状態だ。また、FCや子会社全店とは安否確認がとれたものの、一部従業員とは1週間近く経った今も連絡がついていない。

東日本をカバーする物流センターは現在も復旧のめどがついておらず、当面は西日本の物流センター(兵庫県三木市)で国内の全物流をまかなう。

オートバックスは赤十字を通じて1億円を寄付するほか、自動車から電源を取る携帯電話の充電ソケット3.9万個を提供するとしている。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。