【産業天気図・海運業】コンテナ船の運賃値上げは想定超で決着!ただし燃料高で後半からボディブローも

●お天気概況
 過去最高の利益水準を謳歌した前期に比べ、今2005年度予想は、日本郵船と川崎汽船が営業利益小幅減、商船三井が同小幅増と、やや弱含み。ただ、高原状態は続く。市況面では、前期好決算を主導したコンテナ船が、北米航路で大手の想定を上回る285ドルの運賃値上げに成功。タンカーや鉄鉱石等の撒積船も多少の市況軟化が見られるものの、水準は高い。需給面でも、コンテナ船竣工が全世界で05年300隻、06年350隻が見込まれるなど05年度後半以降に供給増要因はあるが、中国から北米等への輸出が依然増勢を保つことから、逼迫状況は揺るがない。

●今後の注目点
 大きな懸念材料が原油高に伴う燃料(C重油)の高騰。今期のC重油価格は日本郵船と川崎汽船が1キロトン=230ドル、商船三井は250ドルを想定するが、足元4月の相場は、すでに300ドルを突破。各社とも1ドル上昇で3億円前後の減益要因となるだけに、今期下半期以降には徐々に影響が出てきそうだ。
【大滝俊一記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。