「膳丸」など展開するダイナックは一時16店で営業停止。再開見通しは計画停電次第で流動的【震災関連速報】

「膳丸」など展開するダイナックは一時16店で営業停止。再開見通しは計画停電次第で流動的【震災関連速報】

ダイニングバー「膳丸」、とうふ料理「八かく庵」などを手掛けるダイナックは、東日本大震災の影響により、16店で営業を停止している(3月16日時点)。同社は東北地域に出店をしていないため、震災に伴う店舗・什器などの破損は少なかった。ただ、店舗が立地するビルのオーナーの判断等により、閉店を余儀なくされているケースが多い。

同社が関東地域に出店している飲食店は、全251店のうち134店。営業停止中の16店のうちの14店は、ビルのオーナーの判断や周りの道路状況など外部要因によるものだ。残る2店は、「予約が入らず集客が全く見込めない」(ダイナック)という理由で閉店している。

16店舗の再開見通しは、「今後の計画停電次第で非常に流動的」(ダイナック)だ。日々、営業停止店舗の数は変動しており、計画停電の実施中は15店前後の閉店が続く可能性が高いと見られる。営業中の店舗は、基本的には営業時間を短縮して営業を継続する方針だ。


(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。