【産業天気図・不動産業】ファンドも入り乱れて落札価格が高騰。金利上昇がない限り晴れ間は続きそう

●お天気概況
 3月下旬に公表された今年1月1日時点の公示地価では、東京都心5区の平均地価が実に15年ぶりの上昇を記録。地方圏でも前年の6.5%減から6.0%減へ8年ぶりに下落幅が縮小し、下げ止まりの様相を見せ始めている。特に都心の好立地ではファンドも入り乱れた入札競争の激化で、落札価格が高騰。ファンドの転売先であるJ‐REIT(不動産型投資信託)が今年10法人ほど上場を予定していることも市場の過熱化を促している。

●今後の注目点
 バブル期と違うのは、あくまでインカムゲインを前提にした価格付けが行われていること。利回りは3~4%台に低下したが、現在の低金利状況でイールドギャップ(不動産の利回りから借入金利を引いたもの)は確保できている。ただ今後、金利上昇局面があればイールドギャップが縮小し、調整局面が訪れることもあるだろう。
【藤尾明彦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。