【産業天気図・石油化学】原料ナフサ一段高だがいずれは再転嫁!?フル稼働はまだ続く

●お天気概況
 2004年(暦年)のエチレン国内生産は約757万トン(前年比2.8%増)。うち内需は575万トン(3.4%増)、ネット輸出(輸出−輸入)は182万トン(0.1%増)と推定される。業界全体の実生産能力は760万トン程度と見られるから、ほぼフル稼働状態が続いたことになる。国内では1994年に京葉エチレン(丸善石化、住友化学、三井化学の合弁)が稼働して以来、新たなプラントの稼働はないが、それ以降ほぼフル稼働状態にある。その中で前04年度決算で見ると、大手石油会社の購入する国産ナフサ価格は1キロリットル=3万2000円台(03年度2万5500円以上)だったが、数度の製品価格値上げでほぼ吸収。三菱化学、住友化学、旭化成の大手3社は連結経常利益を1000億円の大台に乗せ、増配が相次いだ。

●今後の注目点
 今期は各社ともナフサ価格を3.7万~3.8万円と上昇が続くと想定しており、製品価格への転嫁が最大のポイントとなる。ただ、中国含め需給環境が良いことから、遅ればせでも転嫁は実現できるそうだ。
【宇田川日出雄記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。