松下幸之助は、若造の意見にも素直だった

「きみの言うとおりや」と柔軟に方針転換

若造が意見をしてきた! さて、あなたはどう対応する? (写真:KAORU/PIXTA)
昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部)

 

昭和35年(1960)、松下幸之助は5年後の昭和40年に完全週休2日制を実施すると宣言。

それによって、「一日休養、一日教養」が実現できるとした。それを聞いた社員も半信半疑であったが、なんと労働組合がこれは労働強化になると反対した。しかし、昭和40年に予定通り、実施、開始された。

「PHPは週休2日の必要なし!」

ところが、松下電器から異動してきた社員の多いPHP総合研究所は、その導入を松下に拒否された。「PHPは、休まず、社会のために仕事をしなければならない。日曜日でさえ、仕事をすべきであるのに、土日、2日間も休もうという考えは、よろしくない」という理由であった。

しかし、前述の通り、多くの男性社員は、松下電器から異動していたから、ふつふつと不満が出てくる。そこで、当時の責任者のN氏が、数回、松下にお願いをしたが、松下の答えは、いつもと同じであった。とうとうN氏が私に「江口君、言えるときがあったら、君からも頼んでくれ」と言う始末。責任者のN氏がお願いしても、拒否されるのに、私如きがお願いしたところで、拒否されるどころか、激怒されるに決まっている。内心、おおいに戸惑った。

次ページ松下の私邸で週休2日を求めると?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。