リケンの主力工場は影響軽微で早々と正常操業に復帰【震災関連速報】

リケンの主力工場は影響軽微で早々と正常操業に復帰【震災関連速報】

エンジン部品メーカーのリケンが、東日本大震災で受けた被害は軽微だったようだ。

主力工場の柏崎工場(新潟県柏崎市)、熊谷工場(埼玉県熊谷市)の損害は軽微で、従業員も全員無事であることを確認した。14日の時点ですべての設備点検を終え、同日中に正常操業に復帰した。部品調達先のサプライヤーについても、ほぼ損害が軽微であることを確認。

一方、主力工場の操業は正常化したものの、熊谷工場は東京電力の計画停電の対象地域に指定されており、柏崎工場も対象地域に指定されることが濃厚。影響が懸念される。

リケンは2007年に新潟県中越沖地震で柏崎工場が被災。リケンが供給するピストンリングの供給が止まったため、納品先の自動車メーカーの生産が数日間停止したことがあった。今回の東日本大震災では2工場の影響は大きくなかったが、3年前に作成した震災対策マニュアルに沿って設備点検を実施。従業員も冷静さを保ち、見事に前回の経験を生かした格好だ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。