米国から中国への留学、なぜ減っているのか

雇用機会が減少していることに敏感に反応

米国では過去数年、中国に留学して中国語を学ぼうとする学生の数が大幅に減少しているという。写真は2011年1月にワシントンで撮影(2015年 ロイター/Hyungwon Kang)

[上海 13日 ロイター] - 米国では過去数年、中国に留学して中国語を学ぼうとする学生の数が大幅に減少しているという。米カリフォルニア大学交換留学プログラム(UCEAP)では、中国への留学数は4年前の半数に満たない水準になると予想されている。

また、ワシントンにある留学団体CETは、2013年以降、中国への関心が低下し続けていると明らかにした。

こうした関心低下を一部の中国専門家は憂慮している。ウィルソン・センター・キッシンジャー米中関係研究所のロバート・ダリー所長は、両国関係の重要性を考えれば、中国語を話し、中国の文化を理解する人材がさまざまな業界に存在することは「国益に関わる問題」だと指摘。「中国の言葉で理解しない限り、われわれは中国に論理的かつ効果的に、そして完全に対処することはできない」と語った。

米国際教育研究所によると、海外留学生の数は全体として若干増加している一方、2012─13年の中国への留学生数は前年比3.2%減の1万4413人だった。

対照的に、米国で学ぶ中国人留学生の数は2013─14年に前年比で16.5%増え、27万4000人を超えた。

次ページ需要が変化した
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。