富士通は那須や小山、川崎などで自家発電設備備えず計画停電で影響か【震災関連速報】

富士通は那須や小山、川崎などで自家発電設備備えず計画停電で影響か【震災関連速報】

富士通が関東地方に構える主要な生産拠点のうち、自家発電設備を持たない工場が4拠点あることが分かった。東京電力の計画停電で影響を受ける可能性がある。

自家発電設備を備えていない工場は、富士通小山工場(栃木県、光伝送装置)、川崎工場(神奈川県、情報システム、通信機器)、富士通セミコンダクターあきる野テクノロジーセンター(東京都、半導体の研究開発)、那須。ただ、これまでに停電の実施によりライン停止しているのは那須と小山の2カ所のみにとどまっている。

また、東日本大震災の発生後から安否確認を急いでいた従業員のうち、宮城県のグループ会社従業員1人の死亡が確認された。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
疑われる日本<br>安保と原発

日本が抱える再処理プルトニウムは48トン。原子爆弾6000発分に相当する量だ。これに中国、韓国が疑念を抱き、東アジアで核兵器原料の増産競争が勃発するおそれも出てきた。