Facebookが直面する"集団訴訟"という難題

「未成年が親に無許可で購入したら返金せよ」

[11日 ロイター] - 米カリフォルニア州の連邦地裁は11日、米フェイスブックのウェブサイト上で子どもが無断で親の金銭を使用した場合、同社に対して返金を求める米国の集団訴訟に直面しなければならないとの判断を下した。

同地裁のベス・レブソン・フリーマン判事は、集団訴訟の原告がフェイスブックに対し、未成年者によるオンライン取引の方法を変更すべきだと強く訴える可能性があると指摘した。

また米連邦最高裁判所の判例に基づき、返金は集団としては求められないが、個別に返金を要請することは可能だとの認識を示した。判事は公判期日を10月19日に設定した。

フェイスブックは訴訟にはメリットがないとして、争う構えを示している。

フリーマン判事は「一部の未成年者は使用許可を得ていないクレジットカードやデビットカードを用い、購入継続を望むかもしれない。だが、こうした未成年者の望みがあっても、フェイスブックの方針が適法となるよう求める訴訟の提起を阻止することはできない」と指摘した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
さまよう被災者<br>原発最後の選択

原発事故は多くの被災者を生み出した。故郷喪失、賠償打ち切りに直面する住民の苦悩は尽きない。追い打ちをかけるように、福島県の一部の畜産農家では乳牛の病死が相次いでいる。