ママパパ必見!「褒める」と「叱る」の黄金比

両者のメリット・デメリットから考えよう

褒めて育てるべき? 叱って育てるべき?(写真:Rm。 / Imasia)

世の中に出回っている子育て本には、「子どもは褒めて育てよ」とか「子どものありのままを受け入れなさい」というものもあれば、一方で、「きちんと叱りなさい」「放任はよくない」と書かれているものもあります。

また、自分の周りのお母さん達にも、子どもをベタかわいがりするお母さんもいれば、一日中口うるさく叱っているお母さんもいますね。さてさて、わが子は“褒めて育てるべき”か“叱って育てるべき”か迷いませんか?

今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)の著者で、日本と欧米双方の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、“褒める”と“叱る”の黄金比率についてお話します。 

まずは「褒める」メリット・デメリット

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

【褒めるメリット】

・子どもに自信がつく

自分の行動や、自分が正しくできたこと、上手にできたことを褒められたら自分の行動に自信が持て堂々と振る舞えますね。 

・親に認められていると感じることができる

褒められると親に認められていると感じることができます。自分を認めてもらえるということで、自己肯定感も育ちます。

・頑張ったことが評価されると思える

頑張ったことが評価されると、頑張ろうという気持ちになりますね。評価されることで新しいことに挑戦する勇気も湧いてくるでしょう。 

次ページ「叱る」メリット・デメリットは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。