日本山村硝子の宇都宮、相模原、熊谷の3工場が操業停止、宇都宮は復旧メド立たず【震災関連速報】

日本山村硝子の宇都宮、相模原、熊谷の3工場が操業停止、宇都宮は復旧メド立たず【震災関連速報】

ガラス瓶製造最大手の日本山村硝子は、東日本大震災の影響で宇都宮工場(宇都宮市清原工業団地)、東京工場(神奈川県相模原市緑区大山町)、埼玉工場(熊谷市御稜威ヶ原下林)の3工場が操業停止に追い込まれている。

地震発生の11日には東京・新宿の本社に展示されていたガラス瓶のほとんどが割れて散らばった。ただ、工場の社員を含め、全社員の安全は確認済みだ。

しかし、3工場の中でも宇都宮工場の製造ラインの損傷がひどく、復旧のメドがたっていない。比較的被害が軽い東京工場と埼玉工場を優先して復旧作業を開始しているが、物流ルートにも影響が出ているため、製造が開始されても円滑な供給に支障を来す可能性がある。

3工場は洋酒や化粧品など向けのガラス瓶の生産を主力としており、一部でPETボトルも製造している。操業停止が長引いたり、操業が再開したとしても円滑に供給できなかたりすれば、納入先のメーカーに悪影響を及ぼす懸念も出てきかねない。

日本山村硝子は引き続き一刻も早くさらなる損害の詳細を解明するため、全力で取り組んでいる。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。