富士通は会津若松の半導体3工場で復旧作業を開始【震災関連速報】

富士通は会津若松の半導体3工場で復旧作業を開始【震災関連速報】

富士通は、東日本大地震の影響で操業を停止している6工場のうち3工場で復旧作業に取りかかった。

いずれも福島県会津若松市に位置する半導体関連製造拠点。具体的には富士通セミコンダクター、富士通セミコンダクターテクノロジ、富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジの3工場。詳細な復旧時期は、今後の推移をみながら明らかになってきそうだ。

相次ぐ事故によって危険な状態が続く東京電力の福島第1原子力発電所に最も近い拠点は、福島県伊達市の富士通アイソテック。原発からの距離は50キロメートル以上離れており、当面は様子を見ている状況だ。

計画停電エリアに属する群馬県・館林のデータセンターと静岡県沼津のソフト開発拠点は、計画停電中は自家発電を稼働し操業を確保。携帯電話の那須工場は製造ラインの停止で対応している。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。