東ソーグループの石巻工場は大きな被害、残る9工場は直接被害は限定的か【震災関連速報】

東ソーグループの石巻工場は大きな被害、残る9工場は直接被害は限定的か【震災関連速報】

総合化学メーカーの東ソーは、東日本大震災によって、子会社の東北東ソー化学の石巻工場(宮城県石巻市重吉町)が特に大きな被害を受けた。

肥料を生産する石巻工場は沿岸部に位置しており、地震による津波に襲われたようだ。事務所やプラント、原料、製品が浸水。津波が工場に達した当時、現場では3人の社員が残っていたが、工場の上階に避難して、難を逃れた。工場は津波に流されなかったという。

ただ、30人弱の従業員のうち、一部とは15日時点でも連絡が取れておらず、稼働再開の見込みは立っていない。

東ソーはグループ全体で山形県や秋田県、茨城県などの東北・北関東地域に10工場を構える。これらは震災直後にほぼ操業を停止したが、石巻工場を除く9拠点が震災で直接受けた被害はそれほど大きくないようだ。稼働再開には、電力や物流などインフラの整備が条件となりそうだ。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。