東海運は設備に大被害こそないものの6人消息不明、1人負傷【震災関連速報】

東海運は設備に大被害こそないものの6人消息不明、1人負傷【震災関連速報】

太平洋セメント系の東海運は東日本大震災により東北、関東地方の事業所で一部損傷などの被害を受けるとともに、15日現在、社員ら6人が消息不明、1人負傷と人的被害が出ている。

東海運は東北地方では、陸送基地の東北営業所(宮城県亘理町逢隈十文字)と、主要先・太平洋セメントの大船渡工場(12日現在で被害状況不明)の貨物を担う大船渡営業所(岩手県大船渡市赤崎町)を持っている。詳細は不明だが、東北営業所において従業員が骨折の大ケガを負ったもようのほか、大船渡営業所で地元の船員6人(社員2人、グループ会社社員4人)と連絡が取れない状態という。

一方、各施設の震災被害は「事業継続に特段の影響は与えない」(経営企画部)程度で済んだと見られる。会社側は作業の復旧を急ぐと同時に、消息不明者の安否確認に全力をあげている。

(内田 史信 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。